国外でも普及する「今年の漢字」について

今年の漢字は漢字文化圏の諸外国でも普及

今年の漢字で外国の理解

毎年、年末に日本漢字能力検定協会は開催されるのが今年の漢字です。

今年の漢字は今年の話題となったものを一つの文字で表すものです。

一般応募の中から選ばれるのですが、その年にちなんだものの中からぴったり当てはまるものを選びます。

そして発表すると、国内だけではなく海外のメディアからもそのニュースが話題になります。

外国でもイギリスでも行なっています。

漢字ではなく一つの単語で表現されます。

そして国内でも海外でもその単語を一年の象徴を理解するものもいれば、コメントを寄せたり批判する外国人もいます。

そしてメディアだけではなくネットユーザーから話題のぼるぐらいコメントを寄せています。

理解できるものや皮肉のコメントなどもあります。

また自国の言葉を愛しているとして賞賛されているものでもありますので、今後も国内だけではなく、海外でも話題が集中する今年の漢字です。

今年もそろそろ一つの漢字を象徴する言葉が出始める頃です。