国外でも普及する「今年の漢字」について

今年の漢字は漢字文化圏の諸外国でも普及

今年の漢字は外国の言葉と違います

毎年恒例なの京都の清水寺で行なう今年の漢字です。

今年の漢字の国内で話題ですが、外国のメディアでも興味深いものです。

漢字は日本や中国など、ごく限られた地域でしか利用されないので外国とくらべて表現の違いもあります。

漢字があっても、それに伴う言葉が外国ではない場合もあります。

それぐらい、漢字は独特で深い表現方法になります。

漢字日一文字で今年を表すので、言葉を理解できない外国人もいるかもしれません。

また中国でも漢字を利用されていますが、場合によっては違いもあります。

そして日本独自の音読みだけではなく訓読みもあるので、漢字が持つ意味がさらに深くなります。

そして毎年今年の漢字は違いますが、過去に同じ文字が表現されている事もあります。

それは金という言葉です。

2000年と2012年が同じオリンピックのとしてでしたので、その金メダルや東京スカイツリーの設立や金環日食などが合わさり同じ漢字になる事もあります。