国外でも普及する「今年の漢字」について

今年の漢字は漢字文化圏の諸外国でも普及

外国でも話題の今年の漢字の表現の違い

今年の漢字は毎年の恒例行事として日本国内でも話題のものです。

日本漢字能力検定協会が行なっているものですので、一般公募の中から厳選して選ばれます。

漢字一文字で表されるものなので、どうしても、人とかぶってしまいます。

そして数多くの中から応募総数が多いものが選ばれます。

応募する際にコメントも付けて応募できます。

その年の世相でもあります。

そして、漢字を利用する外国でも、この行事が行なわれています。

外国の中で中国や台湾、シンガポールでも利用されています。

ま今年の漢字はそれ以外の外国でも表現は違いますが単語を用いて今年を表す表現といて外国でも利用されています。

また国によって表現の違いであることもああります。

なので、毎年年末になるといろいろな国でニュースにもなる今年の漢字です。

そして今後も今年の漢字は毎年開催されると思います。

そしてそろそれ今年も、あと数ヶ月で終わりですので、応募する時期になります。